花粉症対策

花粉症対策

16. 病院で治療することの危険性!(2)

病院でもらう薬や治療法には悪い面があります。 これを紹介いたします。 1.抗ヒスタミン薬 ドラッグストアーでも市販されており、比較的軽度の花粉症に処方されます。 ヒスタミンというむず痒さを引き起こす体内物質を抑えるも...
花粉症対策

15. 腸を健康にするには”効く菌”を摂ろう

免疫力を高め、アレルギーを予防・改善するためには、 腸内フローラの善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、 免疫細胞を強化することが大切です。 もっともよい腸内細菌のバランスは、 「善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%」 といわれて...
花粉症対策

14. プロバイオティクスを摂取して強い腸をつくる

乳酸菌やビフィズス菌などのように腸内フローラのバランスを改善して、身体によい影響を与える「生きた菌」や、それを含む食品のことを「プロバイオティクス」といいます。 最近ではプロバイオティクス配合のヨーグルトや飲料、サプリメントが店頭に並び、...
花粉症対策

13. 免疫と密接につながっている「腸」

腸には免疫細胞の60ないし70%が集中している バランスが崩れた免疫システムを改善するためには、生活環境や食生活を見直すことが大切ですが、こうした環境調整は一朝一夕にはできません。 また、たとえできたとしても、アレルギー症状はすぐに...
花粉症対策

12. アレルギーの原因は免疫バランスの乱れ

そもそも、なぜアレルギー症状があらわれるのでしょうか? それには、私たちの身体に存在する「免疫」が大きく関わっていること が最近の研究で明らかになってきました。 免疫とは、身体をウィルスや細菌などの病原体から守る防御システムのよう...
花粉症対策

11. クスリでの克服は難しい

湿疹が治らない、肌がカサカサしてかゆい、目や鼻がムズムズする、 くしゃみが止まらない________。 アレルギー疾患は、現代人の大きな悩みの種です。 いまや国民病ともいわれる花粉症などのアレルギーに悩む人は多くいます。 こ...
花粉症対策

10. 乳児と大人の腸内細菌のちがい

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ 新生児の腸内に細菌がすみつくまで ヒトは母体の胎内にあるときは無菌の環境で育つ。 新生児として生まれると間もなく、皮膚や気道、消化管などの粘膜で細菌が増殖しはじめる。 出生後はじめて排泄される胎便は...
花粉症対策

09. 手作り酵素ドリンク

発酵過程でできる植物性の乳酸菌が腸をきれいにする! 体内の細胞をさびつかせて病気や老化を引き起こすもとになる活性酸素は、 アレルギー疾患の発症にも深く関係しています。 そんな活性酸素の毒性を抑えるために、 りんごを発酵させて...
花粉症対策

08. 薬に頼らず花粉症を抑える方法

医者や薬に頼らない花粉症対策 小麦、牛乳、卵などの食材の摂取を抑えることと、ビタミンDの摂取をお勧めいたします。 小麦、牛乳、卵などの食材について; ① 小麦 パンや麺類を控えます ここで、注目すべきは「そば」です。 そばの原料...
花粉症対策

07.病院で治療することの危険性!

病院でもらう薬や治療法には悪い面があります。 これを紹介いたします。 1.抗ヒスタミン薬 ドラッグストアーでも市販されており、比較的軽度の花粉症に処方されます。 ヒスタミンというむず痒さを引き起こす体内物質を抑えるもので...